5/12 書いてはいけない 読了

森永卓郎さんがステージ4のガンに患われ、遺書のつもりで執筆されたとのことで、応援の意味も込めて購入。JAL123便の事件のことを書いているとも聞いていたのでそれも購入の理由。

森永さん曰く、メディアのタブーと言うものが3つあり、①ジャニーズの性加害、②財務省の考え方、③JAL123便だそうだ。この事をメディアで企画を提案したり、現在事実とされている事を否定したりすると芸能界から干されるとの事。確かに森永さん急にメディアに出なくなっていたと今になって思う。病気の事もあるのだろうが。

この3つの内、①のジャニーズについては日本では取り上げなかった事件がイギリスだったか海外のメディアが取り上げそこから日本に逆輸入されようやく日本メディアも動き始め、詳細が明らかになった。これはジャニーズの圧力もあるのだろうが、メディア側の忖度に大きな問題があるとの事。それでもメディアが動けば徐々に解明されると言う事で、森永さんはこの事をメディアに問うために重病と闘いながら訴えているのである。

JAL123便御巣鷹山墜落の件は青山透子さん本で読んでいたので事件の状況と不可思議な事実はその域を脱していないのだが、この裏に事件の真相は日本政府に原因があり、その不手際をアメリカに握られたため、それ以降の主に経済ついてはアメリカの意見に逆えない様になり、日本経済の堕落に繋がっているとの事。なるほど。

②の財務省については、テレビラジオ雑誌といったメディアは載らないが、現状、SNS上で嘘か誠かは議論余地はあるものの大夫解明してきているのではなかろうか。

森永さん、何の役にも立たないと思いますが、少なからず思いは受け取りました。余命、大切にして下さい。